社労士とは一体

家の模型影

社会保険労務士とは、社会保険に係る事務やその手続きさらには労働保険の事務や手続きだけでなく、給与計算や近年ではメンタルヘルスケアなど事業者とともにその事業所の労働環境を整えていく専門家です。またそれに伴ってその事業所の就業規則などの作成も行っています。 これらの業務を依頼する場合には、当然報酬が発生することになります。社会保険労務士の報酬について、従来は一定の報酬基準が設けられており、各都道府県の社会保険労務士会が基準を会則に記載していました。しかしこの基準は廃止され、現在は自由化されています。 現在の相場ですが、顧問報酬としては約20,000円から30,000円程度の事務所が多くなっています。ただしその事業所の人数に応じて前後する仕組みを用いているところが多くなっています。

社会保険労務士の業務のひとつとして助成金の申請があります。助成金とは、一定の条件を満たす企業や個人事業者に対して国や地方公共団体がその事業の支援を目的として支給されるものです。特に手厚く支援が設けられているのが創業まもない企業や個人事業に対しての助成です。また支給される側の事業者も創業まもない時は、売上や利益が出にくく助成を受けることができれば非常に大きな力となります。 社会保険労務士の特徴として助成金を支援することができるというものがあります。ほかの士業であれば、たとえば税理士は節税という観点で話をすることはできますが、少なくとも税金を納付する必要があります。この点助成金であれば、支出は基本的にありませんので創業してすぐも力になることができます。