家計診断の重要性

契約書に記入

 主婦向けの雑誌で大人気なのが、家計診断のコーナーです。やはり主婦の方は、他人のお財布事情は気になるものですね。ネットで専門家が家計診断を行う掲示板サイトも多いですし、中にはヤフーの知恵袋など一般の人が回答する家計診断もあります。  そんな身近な家計診断ですが、専門家として挙げられるのがファイナンシャル・プランナーです。ファイナンシャル・プランナーは家計診断を通じて、依頼者のライフスタイルの実現の為のアドバイスをするのが仕事ですから、その知識も不動産、税金、保険と幅広いです。また試験もそれほど難しくないため、主婦の方が家計を守るために勉強をすることも多いです。  また住宅ローンの相談先や保険見直しの相談先としても、ファイナンシャル・プランナーは注目されています。  

 家計診断は結婚した、マイホームを購入した、子供が生まれた、といったライフスタイルの変化から、老後資金はこれで足りるか、赤字を解消して貯金をしたい、住宅ローンを見直したいといった将来への備えまでと、その目的は様々です。  そのうち、保険については複雑であることから保険に特化したファイナンシャル・プランナーがいます。ショッピングモールなどによく保険の無料相談窓口があったりしますね。  また事業をしている人なら、事業の相談に関連して税理士に相談する場合もあります。そのため最近は、ファイナンシャル・プランナーの資格を持っている税理士も増えてきています。行政書士や社会保険労務士など、他の士業がファイナンシャル・プランナーの資格を持っていることも多いです。  このように家計診断ができる専門家は増えてきています。不況の影響で家計診断の需要が高まっているということでしょう。