アイペットとは

オペレーター

アイペットは近年大躍進をみせているペット保険会社である。プランは2つと至ってシンプルで、尚且どちらも飼い主のニーズに応えるプランとなっており、月々の掛け金もお手頃だ。 提携している動物病院は数多く、アイペット加入者カード(人間の保険証と同等のもの)を掲示すれば、 窓口での負担額がその場で保険適用額となるのだ。また提携外の病院であっても、後日請求すれば保険が適用される流れになっている。 ペットブームの拡大につれ、動物病院でかかる診察代や手術代、及び入院費は飼い主にとって悩みの種である。それを軽減するのがペット保険の役目であるが、アイペットは更に2パターンの選択により、保険の形も選べるシステムだ。通院〜手術、入院まで、掛け金によりその50パーセント〜70パーセントを負担してくれる「うちの子」プラン、手術〜術後10日までを90パーセント負担してくれる「うちの子ライト」の2プランがあり、いずれもインターネットで手軽に見積りや申し込みが可能だ。 今後も拡大するスマートフォンの普及により、アイペットのように指先1本で入会できるペット保険への需要は、益々増えていくだろう。

アイペットのペット保険は掛け金が安く、しかも補償が充実している。だが、きちんと把握しておかなければいけないのは、その契約内容だ。 そこにはペットに関して病院でかかった費用全てを補償するのではないと言う事が詳しく記されている。 それは健康診断や予防接種、飼い主の判断で行う去勢、避妊手術等には保険が適用されないと言う事だ。 保険とはあくまで怪我や病気に関する診察、及び手術、入院に対して補償されるものだと言うことを理解しておく必要がある。 ではそれしか補償しないのかと言うとそうではない。 アイペットでは月々の掛け金に130円をプラスするだけで、飼っているペットが人に危害を加えた場合や、 器物を破損した場合、500万円までを補償してくれる。ただこの時気を付けなければならないのは、 危害を加えた相手が被保険者の親族である場合や、器物の破損が被保険者の所有するものであった場合は保険適用外だと言う事だ。アイペットはこのように、ペットにとって必要な保険だけをシンプルに分かりやすく揃えてくれている。契約内容をちゃんと読みさせすれば、アイペットのペット保険はあなたやペットにとってとても心強いものになるに違いない。